COVID19のグラフです。今日は上巳の節句、コロナの不祥を祓除しましょう^L^

きょうは3月3日は上巳の節句・ひな祭りです。

上巳〔じょうし〕というのは旧暦三月の最初の巳〔み=ヘビ〕の日を上旬〔じょうじゅん〕の巳〔み〕の日ですから上巳〔じょうし〕といわれています。

旧暦三月の上旬の巳の日に、川のほとりで禊〔みそぎ〕をして一年間の不祥〔ふしょう〕をはらう儀礼があったようです。

・・・旧暦三月上巳の日から旧暦の三月三日に変わったことが『後漢書 禮儀志』に書かれているそうです。魏の時代に上巳を三日と決めたようです。

冷たい流水で禊をすると逆に風邪を引きそうですが、ことしの旧暦三月三日は4月14日になります^L^


◆【週単位】全国の死亡者数の推移のグラフです。

 去年2020年3月10日から2021年3月2日までのグラフです。

0303週単位 全国死亡者数の推移3月10日から.jpg


◆つぎは上のグラフのタテ軸を対数表示にしたものです。

0303週単位 対数表示 全国死亡者数の推移3月10日から.jpg


◆次は週単位の陽性者数と死亡者数の変化率の推移をしめすものです。

 去年の7月14日から今年の3月2日までの動きをみたものです。

0303週単位の陽性者と死亡者の変化率7月14日から.jpg

 陽性者の変化率は4週間の変化率も、一週間の変化率にならしたグラフも基準線の1を割ったの良い徴候だと思います。


 陽性者数の1週間の変化率が4週間の変化率を上まわっているのが少し心配です。

 死亡者数のほうも来週にも上抜きそうな気配で少し心配です。

 死亡者数は、コロナ以外の死因で亡くなった人も数えているようで【易爺】は信じていません><;

 国の統計が信じられなくなると日本もやがてCCPのような国になるのでは・・・と、コロナよりこちらの方を心配しています><;

◆つぎのグラフは「毎日の陽性者数と死亡者数の推移」をしめすものです。

 期間は2,020年7月7日から2021年3月2日までの記録です。


0303毎日の陽性者数と死亡者数 7月7日より.jpg

 上図は「毎日の陽性者数とその7日移動平均の推移」です。

 青い線が実数値、朱い線が7日移動平均値です。


 下図は「毎日の死亡者数とその7日移動平均の推移」です。

 朱い線が実数値、灰色の線が7日移動平均値です。


◆つぎは毎日の全国の死亡者数の推移のグラフです。

 昨年の3月10日から今年の3月2日まで毎日の死亡者数です。

 上下の動きが激しいグラフが毎日の数値で、滑らかのグラフは7日移動平均をしめすものです。


◇下のグラフは、上のグラフをタテ軸を対数表示にしたものです。

0303全国死亡者数のの推移3月10日から 下は対数表示.jpg

◆前回のCOVID19のブログで書いた【易爺】の予測ですが、12月31日のデータを基準にすると、どうも外れそうですね。

よい方に外れるのなら良いのですがそうでもないようです。


 12月31日のデータは、陽性者は233,848人 死亡者は3,491人でした。

 これで計算すると、ことしの陽性者数は233,848人の1.5倍は350,772人、去年からの延べの陽性者は584,620人になります。

 また、死亡者数も、ことしが5,237人、延べの死亡者数が8728人となり、3月2日の延べの死亡者が8,011人ですから、基準を変える必要があります。

そこで、立春を新しい年の初めとみて、節分の2月2日の延べの陽性者数が391,923人、延べの死亡者数が5,950人です。

陽性者数を約40万人、死亡者数を約6000人とすると、立春を年初めとした今年の陽性者数は60万人、延べで100万人になります。

ことしの死亡者数は9000人、延べでは15,000人になります。

・・・【易爺】の予測が正しいとして、データが間違っていると主張する術もありそうですが(笑)


きょうは令和三年三月三日で奇しくも三が三つ並ぶ日です。
三月三日は「耳の日」ですが、三がみっつ並ぶ日は何の日でしょうか^L^

因みに:
0303 耳三つ、三つ耳小僧の日.jpg
だそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント