今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年【2019年】7月15日-7月21日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年【2019年】7月15日-7月21日 吉方位を利用してビジネス運・恋愛運・財運UPに利用してください。 7月15日(月曜日)海の日 盆・盂蘭盆会 中元【新暦】出羽三山花祭 博多山笠祭追い山 ファミコンの日 大阪港開港記念日 磐梯山大噴火【M21】 東京オリンピック中止決定【S13】日本市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年【2019年】7月8日-7月14日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年【2019年】7月8日-7月14日 吉方位を利用してビジネス運・恋愛運・財運UPに利用してください。 7月8日(月曜日)薬師縁日 浦賀沖に黒船来航【1853年】 質屋の日 那覇の日 ナンパの日  方位取りに適した日です。  デート・ギャンブルによい日です。 ◇南◎最良の方位 ◇南西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年年7月1日-7月7日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年年7月1日-7月7日 吉方位を利用してビジネス運・恋愛運・財運UPに利用してください。 7月1日(月曜日)釜蓋朔日【かなぶたついたち】 大阪愛染祭 山開き・海開き 童謡童話の日 函館開港の日 全国安全週間【7日迄】  香港市場休 OPEC総会 夏期ダボス会議【@大連 3日まで】  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年6月24日-6月30日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年6月24日-6月30日 ビジネス運・恋愛運・家庭運・財運UPに利用してください。 6月24日(月曜日) 伊雑宮〔いざわのみや〕御田植祭 東京愛宕社千日詣り ほおづき縁日 地蔵縁日 ドレミの日 UFOの日 林檎忌 清正公忌  方位取りに適した日です。  試験・ギャンブルにいい ◇北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の【吉方位】&【易ごよみ】令和元年6月17日-6月23日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】令和元年6月17日-6月23日 ビジネス運・恋愛運・家庭運・財運UPに利用してください。 6月17日(月曜日)望・満月 伊勢神宮月次祭 沖縄返還協定調印日 興教大師誕生会 おまわりさんの日 薩摩の日 砂漠化と干ばつと斗う日  方位取りにあまり良くない日です。 ◇北◎ベストの方位 ◇北東◎諸事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の【吉方位】&【易ごよみ】 令和元年6月10日-6月16日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】 令和元年6月10日-6月16日 ビジネス運・恋愛運・家庭運・財運UPに利用してください。 6月10日(月曜日)上弦 時の記念日 近江神宮漏刻祭 路面電車の日 歩行者天国の日 ミルクキャラメルの日 源信忌 1-3月期GDP改定値【8:50】  方位取りにあまり良くない日です。 ◇南○大吉 ◇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆6月8日クヌギ坂の雨・・「露草に児童の涕 小ぬか雨」

◆6月8日クヌギ坂の雨・・「露草に児童の涕 小ぬか雨」 朝の9時半すぎから、小ぬか雨の中を丘の上の図書館へ本の返却にゆきました。 家を出てすぐのところに大阪教育大付属池田高校の東門があります。 通称クヌギ坂というのですか、いつも閉っている門が開いていています。 その門の側には二三名のボランティアのような若者が椅子に座っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年6月3日ー6月9日

今週の【吉方位】&【易ごよみ】:令和元年6月3日-6月9日 吉方位を利用してビジネス運・恋愛運・財運UPに利用してください。 6月3日(月曜日) 朔・新月 測量の日 危険物安全週間【2日-8日】 雲仙普賢岳祈りの日 ムーミンの日 ダマダン最終日 トランプ大統領欧州訪問【5日迄】  方位取りに適した日です。  恋愛・結婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坤の象意について(3)

坤の象意について(3) こんにちは(*^L^*)お久しぶりです。 長い間 夏休みを貰っていました。 前回の坤の続きから: 数象  五・十の数。十五も坤に入ります。河図からきたもの、中央の土行の数。 季節  坤は晩夏から初秋にかけての季節。  これは五行から来たものですが、消長生卦では坤の大成卦を十一月と見ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震の象意について(1)

震の象意について(1) 正象・雷  震の正象はカミナリ・雷。  この象は一陽の気が二陰に上から押さえこめられて怒りを発しているもの。  陰は下降する性、陽は上昇する性、どうしても激怒したくなる。  これが、春の冷たい空気を払いのけて躍り出そうとする春雷にピッタリの象。 卦徳・奮動  雷は奮い、周囲を戦慄させながら進んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震の象意について(2)

震の象意について(2) 木  震の旺盛・繁茂の意から。震は溌剌とした木。  これに関連して春、東の意も。 蒼竹  竹は上のほうが風に吹かれると、  激しく動いて騒がしく鳴るものですが、  根は固く張っている〔下に一陽〕 葦  この象意も竹と同じところから。  葦も竹も生長すると玄黄色になるところから取ったという説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坎の象意について(1)

坎の象意について(1) 正象・水  坎は「土+欠」で土が欠けている象で、穴とし陥る〔おちいる〕とします。  一陽が二陰の間に陥っている意にも、  一陽の水が地上(坤の上)を流れながら二陰の土を欠いていく意にもとれます。  坎は「なやみ」、「くるしみ」、「おち入る」、「あな」、「けわしい」の訓みがあります。 卦徳・陥険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坎の象意について(2)

坎の象意について(2) 多眚  多眚とは災いが多いこと。  眚〔わざわい〕とは天災でなくて人災のこと。盗難とか女難とか。 孕  二陰の体内に一陽の胎児を孕んでいる象。小さい意味での包卦。 月  易では、坎を月、離を日とみます。  古人は月の冷ややかな光を見て水の精と観じ坎水に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坎の象意について(3)

坎の象意について(3) 多心  これは木について言ったもので、堅い心の心のある木のこと。  説卦傳に『其レ木ニ於ケルヤ堅クシテ心多シトナス』とある。 荊棘〔ケイキョク〕  易辞の中にある「シツリ」  〔シツはクサ冠に疾、リは上の部分が莉、下の部分は木〕とあるのは  「ハマビシ」という棘のある草のこと。  「シツリ」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離の象意について(1)

離の象意について(1) 離☲ 正象・火  説卦傳に『離は麗〔り〕なり』とありますが、  麗は「つく」「のぼる」の訓みがあり、美しいことでもあります。  火は燃え上がる、そして美しい。  また、火は独立してあるのでなく、物に麗〔つ〕いて存在する。  離火☲は中の主爻の陰を火とし、外の二陽を空中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離の象意について(2)

離の象意について(2) 鶴  美しいところから。 蛍  易学小筌では蛍とか虹にみています。光るところから。 牝牛  坤を牝馬と牛にみましたが、その中爻が変じて離になった。  陰が中を得ているところから、坤を牛とみて、柔順な牝牛とみた。  また二陽の角あるところから。 亀・鼈〔べつ〕  堅い甲羅で柔らかい身を包んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離の象意について(3)

離の象意について(3) ここからは、五行によって離をみていきます: 季節  夏 方位  南 時刻  正午、正確にはAM11時からPM1時まで 数象  2と7 その合数の9。 五臓  心臓 説卦傳に 『離トハ明ナリ、万物皆相見ル、南方ノ卦ナリ。聖人南面シテ天下ニ聴キ 明ニ向ヒテ治ムルハ、蓋シ諸ヲ此ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艮の象意について(1)

艮の象意について(1) 正象・山  画象を立体的に見てみると、山や門の形象に見えます。   山は土地の上に高く盛り上がっている。  二陰を地とみて、その上にドッシリと構えた一陽を山とみたもの。 卦徳・静止  艮の卦徳は「止まる」。  山動かざること、泰山の如し。 高尚  山は高くて、自然に敬虔な気持ちを起こさせるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艮の象意について(2)

艮の象意について(2) 狗・龍・虎・豹  艮の上爻の一陽を首と見て、首のしっかりした動物の意から、  狗とみた。ライオンと見ることも出来る。  狗は門を守るから。  龍を艮とみるのは、頭が大きくしっかりしていて堅いから。  牙が強いところから推したもの。  説卦傳の『黔喙の属』というのは、牙の強い動物。  虎、豹や狼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講孟箚記

今日は吉田松陰先生が亡くなられた日です。朝から先生を偲ぶような雨模様のなか近くの神社をお参りし西国街道を歩いて帰ってきました。 途中でつくった駄作です:  『時雨降る 竜馬が走る 西国道』  『時雨降る 松陰悠々 西国道』  『時雨道 松陰竜馬が ゆきしみち』  『山の端の木の間〔コノマ〕に朱〔あか〕き つるべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more