【易占・めばえ②】 『四遍筮法』 紀藤元之介の『問訊不要秘典』と『作易の本義』

おはようございます^L^
きょうは昨日お約束したYahoo!知恵袋の質問に【易爺】の答えを書かなければならないのですが、質問者のいまの立場や状況が判らないのに得卦だけをみて紀藤元之介先生の『四遍筮法』で占断をするなんて公言したことを後悔しています。

紀藤先生も、易占は「ダマッテすわればピタリと当たる」という代物ではないのですと常々いっておられました。
立筮して得た卦爻と質問者・・・正しくは問占者の現在の状況や過去の状態を照らし合わせて、両者の一致する点を手掛かりにうらなっていくものです。それを真勢中州は『筮前の審事』といって次の6つのポイントをあげています:

① 筮を請う者の分限【ぶんげん】を審〔つまび〕らかにすべし。
② その人の地位を審らかにすべし。
③ その人の時を審らかにすべし。
④ その人の居所を審らかにすべし。
⑤ その問筮するところの事情を逐一微細に聴き定めるべし。
⑥ その人の勢いを熟察すべし。

①分限【ぶんげん】とは「むかしなら上下・貴賤・尊卑など身分」・・・今なら人品、さらに社会的な地位や経済状況でしょうか、
⑤問占が必要である事情をイチイチ事細かに聴き取ること
・・・こんなことをして居たら、いまの時代、プライバシーの保護を盾に拒否されるでしょうが、それぐらい微細に調べる必要があるということですから、易占家は大変です。おそらくさり気無い話のなかから読み取る必要があるのでしょう。また服装やしゃべり方、人相を観ながら判断することも必要でしょう。・・・そんな易占家のために紀藤先生は『問訊不要秘典』を書かれたのでしょうか^L^

『問訊不要秘典』の「まえがき」に昭和三十一年春とありますから、アブラの乗り切った紀藤先生38才ぐらいでしょうか^L^

   まえがき

 極意というものは、体得するものです。極意にはもちろんそこに至るまでの筋道があります。・・・・・

 しかし、これを受ける人は、自在に駆使できる域に達していれば、その体得・会得によって利するところは大きいでしょう。その人が未熟だったら、宝の持腐れにおわるか、生兵法大ケガのもとになるか・・・・

 この中に書かれている秘伝は、古人が師の口づからきいたものを記録しておいたものです。【易爺 この辺で欲しくなったでしょう^L^】・・・

 占者が、技法・占法を学ぶのは、永いほど、多いほどよいにはちがいありません。が大切なことは精神の血脈相承で、たとへば筮占する時の態度にしても書物を読むだけでなく、たしかな人を眼のあたりに見ることが大切です。・・・

 この書を読んで「こんなことまでわかるのか」というような感心の仕方をせずに、幻惑されず、この程度のことは短日月のうちに乗り超えていただきたい・・・私はそう願っています。

    昭和三十一年春
            藤陰弄史  紀藤元之介

・・・どうです? 欲しくなったでしょう^L^

・・・【易爺】は尋問不要の部分は、あまり必要ないのですが、当時 紀藤先生の本が古本でも一、二冊しか見当たらなくなってので購入しました。
・・・大部分は新井白蛾先生の秘伝です。これは易占のプロとして書いた本ですね。
・・・紀藤先生は、若い頃から射覆【せきふ】の名人でしたから、観相家が顔のなかに人の姿を観るように、卦象【かしょう】のなかに物事の姿が見えていたのかも知れません。

・・・『作易の本義』の方は、易学者として書かれたもので小生は非常に評価しています。紀藤先生は初めて考案された説も多々あります^L^
・・・小生はコピー本を持っています。国立国会図書館と大阪府立図書館で半分ずつコピーしたものです。
・・・『易経』は、「もともと占いの書である」という考えをもって小生は古典『易経』を読解することできるようになりました。
・・・ながながと脱線してしまいましたm(_ _)m

10月7日路傍の菊.JPG
◆昨日お約束した、「仕事で少々失敗したが、後日、それがばれて叱られるか」占って”天沢履の雷天大壮に之〔ゆ〕く”でしたが、どう見たらいいのでしょうか、という質問です。


【Yahoo!知恵袋の質問】
易占いをコインでする場合。
コイン3枚で占うと、時々、変爻が複数になることがあります。
今日は、「仕事で少々失敗したが、後日、それがばれて叱られるか」占ったところ、
天沢履の3爻・5爻・上爻が変爻となりました。
叱られるか否か、判断つきかねてます。どう見たらいいのでしょうか。


◇むかしの【易爺】なら、ご自分で仕事上の失敗を報告しないことが悪いことであるとお判りなら、易占するまでもない!!!
 質問者が奇しくも「叱られる卦否か」の「否」=ダメです!と即断するところです^L^

「否」という字は、「Ꮜ〔さい〕+不」であり、「Ꮜ〔さい〕」は祝詞などの祝祷を収める器の形であり、それが「不」・・・神様にお祈りしても神の承諾を得られない!という意味です。『測字占』ならこれでお仕舞い!・・・【易爺】も寄る年波には勝てず優しくなったものです><;

また、
『易経』の断占の辞〔ジ・ことば〕には「吉凶悔吝〔きち・きょう・かい・りん〕」というのがあります。
その中のひとつ「吝〔りん〕」は悪いのは解っているがこの程度なら神様も許してくれるだろうナンテ則・改める【易爺※】ことをしないことです。過ちを改めることを「おしむ」、物事をおしむ、吝嗇〔りんしょく〕と意味があります。・・・易の表現をすれば、よくない事・不正・道に叶わぬことをダメだと解りながらこの程度ならとやってしまうことです。
【易爺】の占断は「吝」なり!【おわり】となるところですが、ここは『四遍筮法』の勉強ですから^L^

【易爺※】
『易経』の風山益の卦の大象伝に
「見善則遷、有過則改」
・・・よきをみれば そく・うつり、あやまちあれば、そく・あらたむ
・・・善きをみれば則・遷り、過ち有れば則・改む
・・・とあります。易神さまが、・・もしかして益神様かも・・お金持ちに成りたかったら、「見善則遷、有過則改」を実行しないさい!ナンテw


得卦を『四遍筮法』でみると 元卦⇒之卦は次のようになります:
䷉ ䷡

天沢履 ⇒ 雷天大壯

【易爺】この元卦・之卦のならびを見て、天沢履と雷天大壯のあいだに、沢天夬をおくことを思いつきました。つまり、
天沢履 ⇒ 沢天夬 ⇒ 雷天大壯
䷉ ䷪ ䷡

天沢履 沢天夬 雷天大壯

易爺】の回答

履の卦は 上にある☰乾天は八卦のなかで高く、☱兌の沢は八卦のなかで一番ひくい存在であり それが下位にあり 上下の位が正しく整っている・〔礼〕にかなっているところを卦を名付けたのでしょう。
 禮を履み行うこと、会社でも上下の関係をみて上下関係に叶う道を歩むことが大切であるという意味にとりました。
ご本人は「虎の尾を履む」ような危険な行為であると不安に思いできれば、このままバレないで隠しておきたいという思いがあるのでしょう。
元卦の下にある☱兌は「口・しゃべる・告白する=ホントの事をいう」ことを上の☰乾で覆い隠しているのが現在の状況ではないか?

元卦の☱兌が外へ出る=外卦になる➡兌が外へ出る=ホントのことを告白する、と元卦の兌☱が外へ出て【上に往って】沢天夬になる。
ところが之卦は夬にならなくて、大壯になった。

☰乾の天上に☳震の雷神が轟く・雷とは”いかづち”=怒りの槌の神・雷神様に怒られるが、結果は大壯【たいそう・おおいに壯〔さか〕ん】になりますよ^L^

夬と大壯の外卦【上卦】をくらべてみると、
夬上卦兌 ⇔ 大壯上卦震
☱⬌☳


☱兌➡震☳の変化なら、
一歩後退二歩漸進、挽回する、強気になる、難関を乗り越える、立場がよくなる、勇気が出る、毀〔こわ〕れたものを修理する・・・などの意味になります。

逆に
☱兌⬅震☳の変化なら、下から盛り上がる、解決に一歩近づく、挫折のオソレがある、中途半端になる、結果を固める・・・などの意味がありますが、大壯と夬とは十二消長卦/十二消息卦ですから並べてみるとよく解かります。
䷊ ䷡ ䷪ ䷀


大壯の場合は本人は四爻・・会社での立場が履の三爻から四爻へとランク・アップするが、
夬の場合は本人は上爻で無位無官の位〔くらい〕にしますので 窓際か、今の部署からは離れたところへ異動になる可能性があるという意味です。

・・・問題は之卦の大壯の卦が、打ち明けた時の卦なのか?打ち明けなかったときの卦なのか?
・・・これを判断することが難しいのでここまで 不悪^L^

・・・履の卦意の「禮を履む・禮にかなう正道を進む」という意味をとるなら、本当のことを打ち明けたときの結果が大壯になりますが、【易爺】には占断する自信はないですm(_ _)m

・・・誤字脱字・説明不足は、あす手を入れるつもりですm(_ _)m
・・・誤字脱字には注意したつもりですが、説明不足は仕方ないです。

・・・占事は「失敗を報告することの可否」で本来は三変筮法で問うべきものでしょう。『四遍筮法』ならば三変筮法と同じ結果の一爻変の之卦を得たのではないかと思います。



◆当分の間、『四遍筮法』の説明のための「易占・一年生」じゃなくて「易占・めばえ」ぐらいの感じで試行錯誤しがならブログをUPいていくつもりです^L^

易経〈上〉 (ワイド版 岩波文庫) - 真治, 高田, 基巳, 後藤
易経〈上〉 (ワイド版 岩波文庫) - 真治, 高田, 基巳, 後藤

易経〈下〉 (ワイド版 岩波文庫) - 真治, 高田, 基巳, 後藤
易経〈下〉 (ワイド版 岩波文庫) - 真治, 高田, 基巳, 後藤


⬇これは三変筮法のサイコロですが、紀藤元之介先生の『四遍筮法』にも使えます:
易占 サイコロ ダイス 周易 八卦 易学用 占い(大)
易占 サイコロ ダイス 周易 八卦 易学用 占い(大)・・・◆これは三変筮法用のサイコロですが、『四遍筮法』だと、二つの八面サイコロを振って得た卦が元卦、二回目に振って得たのが之卦になります。

◆中筮法には 全8色 10個入 D8多面体 8面 ダイス サイコロ - 青
 全8色 10個入 D8多面体 8面 ダイス サイコロ - 青
・・・このサイコロの6個分=初爻から上爻までの六爻分ですが、上下、左右で優先順位を決めておくと初爻から上爻までの爻卦が得られます。
・・・もちろん、1は乾、2は兌、3は離、4は震、5は巽、6は坎、7は艮、8は坤になります。すぐに乾兌離震巽坎艮坤は憶えられますよ

⬇これなら、競馬の枠順の色、一白二黒三赤四青五黄六緑で六爻になり、わかりやすいですね^L^
・・・余ったので、『四遍筮法』に使えますね、出来れば筮竹がいいのですが・・・その話は別の機会にします^L^
【50個セット】 8面 サイコロ ゲーム ダイス おもちゃ 18mm TRPG サイコロ 学習法
【50個セット】 8面 サイコロ ゲーム ダイス おもちゃ 18mm TRPG サイコロ 学習法




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント