◆本のオークションの楽しみ

 最近、マスメディアの偏向報道・フェイクニュース・報道しないニュース・不報道が多くてイヤになっています。NHKのWebNewsやYahooの主なニュースのラインアップの配置や見出しをみても意図的に民意を誘導している気がしています。そんな関係でYahooのニュースには嫌気さしています。・・・海外のニュースをネットで読んだり聴いたりするほうが、一日早いし、英語の勉強にもなる・・・また英語を日本語になおすことでより深い理解ができる・・・そういう意味では日本語は使い勝手がいい言葉ですね。


◆小生がこのYahooのブログを使っているのは本を売るのに、Amazonに較べて手数料がやすいのとオークションなので少しは高く売れるメリットを考えて決めました。そんな関係で今でも易の本など興味のある本の落札価格をときどきチェックしています。

 いま面白いのは、日本最初のマクドナルドの店「日本マクドナルド社」を創立し、日本中にハンバーガー旋風を巻き起こした藤田田〔でん〕氏の『ユダヤの商法』です。


『世界経済を動かす ユダヤの商法』
画像



 画象は易爺がもっている本ですが、S48年4月10日148版発行のものです。初版がS47年5月1日ですから、当時は相当売れたのではないかと想像できます。
 イザヤ・ペンダサン著『日本人とユダヤ人』がS45年の発行ですから、ユダヤ関係の本ということで火がついたのかも知れません。


 この『世界経済を動かす ユダヤの商法』がヤフオク【11月21日12:16現在】で

・残り23時間、ジャンク本・ 4104円
・残り2日、送料無料で・・18,900円
・残り5日、サイン入り・・ 1200円
・残り5日、・・・・・・・ 18432円

ちなみに Amazonの方では7冊の出品があり
 最低価格が29000円+送料257円
 最高価格が41000円+送料257円
です。
・・・どうです?購入されますか、それとも「そういえば 確かむかし買った記憶が・・」納戸や押入れを家探ししてみますか^L^


◆つぎは、易占関係の本についてヤフオクで高値がついた例です。
 二冊とも紀藤元之介先生の古い本で 落札日は11月8日のことです:

・『占示明解 元之介観卦法』S28年刊
 開始価格が1000円→落札価格17,400円

・『藤氏翼伝 作易の本義』S29年刊
 開始価格が1000円→落札価格14,600円

・・・どうです?、すごいでしょう^L^
・・・もっと驚くことはページ数です。
・・・最初の『元之介観卦法』は、わずか22p、つぎの『作易の本義』は96ページですから、1ページ当りの値段は『観卦法』が790円、『作易の本義』が152円です。バブルでしょう^L^
・・・すごいでしょうw

 易爺は易占の本は、どんな貴重本でも1ページ50円までと決めていました。・・・占いなどの本は秘伝・秘法が書いてあるのではないか、という思いがつのり、のめり込んでいくものですw
 最近は、図書館にあるものは2ページで50円までと変更しました。理由は図書館のコピーサービスがあるからです。
 ただ最大で本の半分しかコピーできないことが問題です。

・・・落札価格14600円の紀藤先生の『作易の本義』も易爺は、国会図書館で半分、府立図書館で半分コピーをして一冊の本にしました^L^
 問題は、いつも、二ヶ所の図書館に蔵書があるとは限らないことです。

◆買うほうにとって、オークションの面白さは貴重本を安く買うことです。易爺はことしに入って何回もそういうチャンスがありました。大部分は、もっている本ですから見送るだけです・・・最初は買い手がつかず、二回目で大バケをするのです・・・買っておけばよかったナンテ思うことがよくあります(笑)

・易爺は、古本屋なら今からでも相当稼げるのではないかと思っています。なぜって・・・在庫が沢山あるからです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント