テーマ:周易ごよみ

【アーカイブ】2010年05月13日 竹が酔っ払う日?『竹酔日』

【アーカイブ】2010年05月13日 竹が酔っ払う日?『竹酔日』 俳句 周易ごよみ 竹酔日 きょうは「竹酔日(チクスイジツ)」だそうです。 竹酔日?竹が酔っぱらう日? どういう日でしょう? 蕪村筆墨竹図 『竹酔日(チクスイジツ)』について調べてみました: 盬野温氏の『新字鑑』には: 【竹酔日(チク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【アーカイブ 2010年05月04日】『みどりの日』 緑・碧・翠

【アーカイブ 2010年05月04日】『みどりの日』 緑・碧・翠 きょう5月4日は『みどりの日』です。 薫風かおる五月、緑の一段と鮮やかな季節です。 「みどり」という言葉は、おそらく緑の若葉のみずみずしい季節に因んで名づけたのでしょう。 ◇「みどり」の字には、緑、翠、碧などがあります。 ・「緑」・・・彔〔ろく・りょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆6月8日クヌギ坂の雨・・「露草に児童の涕 小ぬか雨」

◆6月8日クヌギ坂の雨・・「露草に児童の涕 小ぬか雨」 朝の9時半すぎから、小ぬか雨の中を丘の上の図書館へ本の返却にゆきました。 家を出てすぐのところに大阪教育大付属池田高校の東門があります。 通称クヌギ坂というのですか、いつも閉っている門が開いていています。 その門の側には二三名のボランティアのような若者が椅子に座っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈年祭

祈年祭(きねんさい、としごいのまつり)は、毎年2月に行われ、一年の五穀豊穣などを祈る神道の祭祀である。11月の新嘗祭と対になる祭祀である。 [編集] 実施時期 明治の改暦前は旧暦2月4日に行われていた。改暦後は2月17日に行われるようになったが、特に統一されているわけではなく、北国には3月・4月の春祭りと併せて行う神社もある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは壬戌で「八専」の間日・・・・「株式占い」

◆きょうは壬戌の日、ちょうど八専の間日〔まび〕にあたります。  本間宗久の本や「八木虎の巻」、「八木龍の巻」など江戸時代の米相場の本を読んでみると その当時の相場師たちは八専を重視していたようです。  「八専」というのは甲子の日から始まる六十干支の60日間のうちの最期の壬子日から癸亥日までの12日間のうちから、癸丑・丙辰・戊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆きょう10月3日根本通明・羽嶽翁の命日です。

◆10月3日根本通明・羽嶽翁の命日です。 きょう10月3日は幕末・明治の儒学者である根本通明・羽嶽翁の没後120年にあたります。 あの『易学講和』全五巻を遺された公田連太郎先生や『鬼谷古法・断易精蘊』を著した九鬼隆盛先生の先生にあたる大先生です^L^ もちろん秋田県の大館生れの長井金風先生も幼いころから所謂『秋田学』(金岳陽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆きょう8月26日は崇徳天皇の薨御された日です。

◆きょう8月26日は崇徳天皇の薨御された日です。 長寛二年【1164年】八月二十六日のことです。旧暦との違いはありますが、853年前のこと。  崇徳上皇〔すとくじょうこう〕は、後に讃岐院と称されたように、ウドン県さぬき香川県坂出市の郊外の綾川と予讃線が交わるJR讃岐府中駅近くの鼓岡というところで薨ったと謂われています。  また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは『群馬県の日』・・“月夜野”の女性の最初で最後の占い

◆きょうは旧暦の重陽の節句、また『群馬県の日』です。  きょうは旧暦の重陽の節句であり、『群馬県の日』です。  群馬県には、“月夜野”という美しい地名があるそうです。その月夜野に『易学研究』を愛読している女性の読者がいました。その方は、ながいあいだ病気の苦しみに悩んでいました。悲観して自殺まで考えるほど状態でしたが、ある時このままじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆高島嘉右衛門・呑象翁の占例①日ロの戦争に関する時局占

◆高島嘉右衛門・呑象翁の占例①日ロの戦争に関する時局占  きょう2月10日は、日本政府からロシア政府に対して宣戦布告がなされた日です。ちょうど114年前の明治三十七年【1904年】二月十日のことです。  この日露戦争のはじまる前に、『明治の易聖』といわれた高島嘉右衛門・呑象翁が日本と露西亜【ロシア】との戦争に関する時局を占った占…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆『シンガポール陥落』・・昭和17年2月17日付の朝日新聞より

◆シンガポール陥落  敵軍、我が軍門に降る  遂に無条件で屈服す  対日包囲の軸心悉く消滅  日英両軍司令官劇的な会見     昨夜十時を期し全線停戦  これは、シンガポール陥落を報じた昭和十七年【1937年】二月十六日発行の朝日新聞の見出しです。西尾幹二先生の『GHQ焚書図書開封』の初巻・・米占領軍に消された戦前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪雪やこんこ♪霰やこんこ♪の作詞者 東くめさんの姓名占

きょう3月5日はインスタントラーメンの生みの親・安藤百福〔ももふく〕氏の誕生日です。 日清食品によると、インスタントラーメンは昭和33年【1958年】に わが町池田で百福翁が発明されたそうです。  また今日は池田市にゆかりのある東くめさんの命日でもあります。  東〔ひがし〕くめさんは『鳩ぽっぽ』『雪やこんこ』『お正月』などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆6月8日クヌギ坂の雨・・「露草に児童の涕 小ぬか雨」

◆6月8日クヌギ坂の雨・・「露草に児童の涕 小ぬか雨」 朝の9時半すぎから、小ぬか雨の中を丘の上の図書館へ本の返却にゆきました。 家を出てすぐのところに大阪教育大付属池田高校の東門があります。 通称クヌギ坂というのですか、いつも閉っている門が開いていています。 その門の側には二三名のボランティアのような若者が椅子に座っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆9月17日きょうは『鬼城忌』 聾者の俳人村上鬼城の命日

◆9月17日きょうは『鬼城忌』聾者の俳人村上鬼城の命日 おはようございます。 今日9月17日は、聾者の俳人、村上鬼城の亡くなった日 『鬼城忌』です。 昭和13年〔1938年〕の今日のこと、享年83才。  村上鬼城は  慶応元年〔1865年〕に鳥取藩江戸屋敷で生れました。 本名は小原壮太郎、 俳号の鬼城は鳥取藩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょう10月17日は神嘗祭で旧暦の重陽の節句

◆きょう10月17日は神嘗祭です。また旧暦の重陽の節句でもあります。  神嘗祭〔かんなめさい〕は毎年10月15日から10月25日まで伊勢神宮で行われる秋のお祭りです。 その年に収穫された新米を最初に神様に奉げて感謝する行事です。 伊勢神宮の 外宮では10月15日夕と16日暁に、 内宮では16日夕と17日暁に、 新穀を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひこばえも 切り株も無し 名残りの櫻

先ほどチャンネル桜の番組のなかで 宮崎正弘先生がめずらしく 「そこで一句  風凪て 長閑きわまれり 平成」 という俳句を発表されていました。 小生も、久しぶりに駄句を捻りました: 大君〔おおきみ〕の 渙汗〔かんかん〕したまふ 令和の御代と   青柹郎」 何のことやら、ダメですね><; どうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひこばえも 切り株も無し 名残りの櫻」

先ほどチャンネル桜の番組のなかで 宮崎正弘先生がめずらしく 「そこで一句  風凪て 長閑きわまれり 平成」 という俳句を発表されていました。 小生も、久しぶりに駄句を捻りました: 大君〔おおきみ〕の 渙汗〔かんかん〕したまふ 令和の御代と   青柹郎」 何のことやら、ダメですね><; どうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジャーSQと日経平均・・・「六日の菖蒲・十日の菊」

おはようございます^L^ 窓の下にみえる欅が陽光をあびてえんじ色に輝いています。 易爺はさいきん蕪爺になり、早朝からパソコンに向う毎日です。きょうは久しぶりにユックリした朝です。 土曜日は例によって太陽黒点の記録をつけて、きのうのメジャーSQ後の下げについて愚考していました: 下の表とグラフは「米国国債の長期金利」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは節分、あすは立春

◆きょうは節分、あすは立春 安倍首相のTwitterに: 安倍晋三 1月は行く。2月は逃げる。と祖母はよく言っていたものでしたが、もう2月。いよいよ予算委員会も始まります。 そこで一句。 「鏡餅食べ終わる間に月が明け」   ×  ×  × 易爺はこれをみて次のようにリツウィートしました: 「鏡餅食べ終わる間に月が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆薮田嘉一郎先生の「易雑感」

◆薮田嘉一郎先生の「易雑感」 きょう1月13日は薮田嘉一郎・燿山先生の命日です。 昭和51年1月13日に逝去されました。 加藤大岳先生が『易学研究』に載せられた「薮田嘉一郎氏を悼む」という文章のなかで次のように書かれています: ・・・ ずいぶん以前のことであるが、本誌上に掲載された今東光氏の史的随筆に、薮田氏が異見を寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうは藤田善三郎先生の命日・・恋愛/婚姻/夫婦の男女の占

◆きょう1月10日は藤田善三郎先生の命日・・恋愛/婚姻/夫婦の男女の占 きょうは藤田善三郎先生の命日です。 藤田先生は 大正7年【1918年】1月27日大阪の生まれ、 昭和62年【1987年】の今日1月10日にお亡くなりました。 藤田先生は五行易の聖典『ト筮正宗』『増刪卜易』『易冐』の完訳本を自費出版され、さらに後継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましてお目出とう御座います^L^

明けましてお目出とう御座います^L^ ことしは己亥の歳だそうです。 今年の恵方は東だそうです。 恵方というのは、 甲〔きのえ〕・乙〔きのと〕・丙〔ひのえ〕丁〔ひとのと〕戊〔つちのえ〕 己〔つちのと〕庚〔かのえ〕辛〔かのと〕壬〔みずのえ〕癸〔みずのと〕 と十干〔じっかん〕を二列に並べて、上下の「〇のえ」の方を方位を恵方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょう12月23日は天皇誕生日です。

きょう12月23日は天皇誕生日です。 天皇陛下は昭和八年【1933年】の御誕生ですから八十五歳になられるそうです。  日本人にとり御目出度いこの日に、東條英機ら七戦犯の絞首刑が執行されました。  ちょうど今上陛下が十五歳の誕生日のことでした。  こういう日本人にとって非常に御目出度い日をえらんで死刑執行をするのですから、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆12月21日は冬至「ひんがしの野にかぎろひの立つ見えて・・・」

◆12月21日は冬至「ひんがしの野にかぎろひの立つ見えて・・・」 「東の野に炎の立つ見えて      かへり見すれば月かたぶきぬ」   万葉集 48 この柿本人麻呂の歌をよむと、反射的に蕪村の句: 「菜の花や月は東に日は西に」 を思い出す習性があります。 この「ひんがしの野にかぎろひの・・・」の短歌には、菜の花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【株式占】 9434ソフトバンクの新規上場の値動き?

【株式占】9434ソフトバンクの新規上場の値動き? きょうはソフトバンクの東証新規上場の日です。 久しぶりに株式高下占いをしてみました。 ・・・と言っても、ソフトバンクのコード番号を9434により三変筮法で卦爻をもとめるという無筮立卦によるものです。 先ず、下卦は94を8で割った余りの6は、坎☵ 次に、上卦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆S20年12月17日の『戦中派不戦日記』&『ニッポン日記』より

◆S20年12月17日の『戦中派不戦日記』&『ニッポン日記』より 今日もきのうに引き続き『戦中派不戦日記』の昭和20年12月17日のところをUPします。  ちょうど73年まえの昨日の午後九時四十分発の急行大阪駅行きで東京駅を出発し、今日17日月曜日の午前二時兵庫県八鹿〔ようか〕駅に着きました。・・・終戦の年の曜日は今年とおなじ曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆きょう12月16日は近衛文麿公の命日です。

◆きょう12月16日は近衛文麿公の命日です。  ここのところ、日米開戦まえの数ヵ月の戦争を回避する日米外交を調べるために、Hフーバーの『裏切られた自由』や当時の駐日米大使グルーの『滞日十年』などいろいろ読み返しているのですが、グルーや近衛公がどんなに戦争回避のための交渉をしても虚しい結果におわるという筋書きが最初から決められていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆S20年12月15日の『戦中派不戦日記』と『GHQ検閲官』

◆S20年12月15日の『戦中派不戦日記』と『GHQ検閲官』 きょうは久しぶりに山田風太郎氏の『戦中派不戦日記』の昭和20年12月15日のGHQ検閲官により検閲された手紙について書いた部分を紹介いたします。: 昭和二十年十二月十五日(土) 晴 ◯中学時代の親友山村澄より復員せりとてはじめて手紙来る。 「昭和十九年一月大邱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆きのう12月14日は赤穂義士討ち入りの日

◆きのう12月14日は赤穂義士討ち入りの日 一昨日12月13日は煤払いの日、昨日14日は赤穂義士討ち入りの日 江戸は両国橋、煤払い〔すすはらい〕の竹売りに扮した大高源吾〔おおたかげんご〕と俳諧師・宝井其角〔たからいきかく〕との出会いの場面を思い出します:  「年の瀬や 水の流れと 人の身は」 という其角の発句をうけて、源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆ことしの漢字 一位の「災」と安倍首相の「転」について

◆ことしの漢字 一位の「災」と安倍首相の「転」について 今年の漢字の一位は「災」だそうです。 災という字は「巛+火」で構成されています。 「災」の字は水害と火災をあらわした字です。 「巛」は水の流れで川の意味ですから、本来は「巛」の中央に「一」が付いている字で、川の流れが流木などで堰止められ耐え切れなくなり洪水になる・水が川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆きょう12月9日は漱石忌・・・「山上に山有りて路通ぜず」

◆きょう12月9日は『漱石忌』です。  きょう十二月九日は夏目漱石の忌日です。  漱石は東京の牛込に生まれ、東大英文科を卒業し、東京高師、松山中学、五高などに教鞭を執り、英国留学後、東大・一高の講師となりました。  教職を退いて大阪朝日新聞社に入社し、文筆生活に入りました。  明治三十八年に「我輩は猫である」をホトト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more