ラムネの日
1872年(明治5年)の今日、東京の千葉勝五郎氏がラムネの製造販売の許可を初めて得たことにちなむ。



宝塚ブランドの炭酸飲料水「タカラサイッダー」 -広報「たからづか」 歴史シリーズ③宝塚温泉 -No.960
 明治23年に、武庫川上流の有馬郡塩瀬村(現在の西宮市)で、天然湧出の炭酸飲料水の瓶詰めが、仁王印ウォーターとして発売されました。
後のウヰルキンソン・タンサン・ミネラルウォーターです。19901年に閉鎖され、現在はウィルキンソンジンジャエールなど4種類がアサヒ飲料工場で、製造されています
 明治30年ごろ、宝塚でも温泉場持主組合により鉱泉の瓶詰めが始められ、明治42年には組合より独立して、宝塚鉱泉合資会社が設立。
「タカラサイダー」が発売されました。
明治40年代には、有馬鉱泉合資会社や三ツ矢印を商標とした帝国鉱泉株式会社(川西市平野)が相次いで開業し、鉱泉の瓶詰めは各地で盛んだったようです。
 阪急電車の前身、箕面有馬電気軌道の電車が梅田(大阪)・宝塚間に走り出したのが明治43年3月。
そのころの武庫川右岸の温泉街は、炭酸飲料や炭酸せんべい、ようかん、湯染めなどを売る店が並び、左岸の箕有電車の宝塚駅前には銀行も開業しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント