【実占例】姓名判断・・・ある大学教授の性格占い 

【実占例】姓名判断・・・ある大学教授の性格占い 
「お前は人間じゃない! 叩き斬ってやる」と言った人物の性格

おはようございます。
久しぶりに姓名判断をしてみました。

といっても、姓と名の字の画数で卦をたてる方法で、正確にいえば人物占を名前の画数で立卦する方法です。


さきほどChannel Ajerの加藤清隆氏と杉田水脈女史【^L^】の『科研費』の解説をみたので、問題の人物・山口二郎の出自を知りたくてWikipediaで調べたのですが、略歴が卒業高校名からですので、姓名判断をすることにしました。

山口二郎氏といえば、2015年の平和安全法制に反対する集会で
「安倍に言いたい! お前は人間じゃない! 叩き斬ってやる」と演説したという人物です。


この山口二郎という人物は16年連続して“科研費”を獲得し、その合計が約6億円になるというのです。
うえの安倍首相に対する発言でも解かるように、反政府・反日の主張をする人物に六億の大金を出しているのです(忿

・・・小生から見て、こんなに性格のネジ曲がった悪い人物はどんな育ち方をしたのが気になったので、占うことにしました。


◆三変筮法で水火既済の五爻です。

☵ ☷
☲ ☲
既済 明夷

小生の占いかたは、一生の運勢をみる場合は、本卦と之卦にして観るのですが、きょうは性格だけを判断するので別の方法でみます。


もともとの性格は
わかままで、傲慢なところがあり、人を煽〔あお〕り担〔かつ〕いで自分の野心を満足させようと企てる利発な人物。
先ばかり見る傾向がつよく、足もとがお留守になり、利口さが鼻につき、心ある人物からは飽きられる。


気が強く、目上に逆らう癖があり、陰気で元来ひとつき合いは上手くない。男性は男女関係であやまちが多く、女性問題で苦労し、危難に遭遇する可能性が大きい。


年齢を経るにしたがって、
動揺することがおおくなり、軽卒に行動して取りこぼしや失敗がおおくなる。
何事も中途半端に終りやすい。

・・・こんな感じです。


▼ついで姓名判断から観た「ことしの運勢」は、雷水解の三爻です。



雷水解の三爻です。

この解の三爻は、ドロボウに教え招くといわれているものです。

爻辞は「負い且つ乗る。寇の至るを致す。貞なれども吝・・・負且乗。致寇至。貞吝」

つまり、
 子曰く。易を作る者は、それ盗を知れるか。
 易に曰く、負い且つ乗り、寇〔こう〕の至るを致す。
 負うとは、小人の事なり。乗るとは、君子の器なり。
 小人にして君子の器に乗れば、盗これを奪わんことを思う。
 上慢にして下暴なれば、盗これを伐たんことを思う。
 蔵〔おさ〕むることを慢〔おろそ〕かにすれば盗を誨〔おし〕え、
 冶〔あで〕やかなる容〔すがた〕は淫を誨う。
 易に曰く、負い且つ乗り、寇の至るを致すとは、盗をこれ招くなり。


◆この「科研費」の配分をみても判るように、ノーベル賞の山中教授が研究費を捻出するためにご苦労されているのに、片方では「日本を悪くする反日」の方へ潤沢な資金をばら撒く・・・これでは日本を悪い方向に進むことを推進しているのと同じです。こんなことが許されていい筈がありません!!!


 小生も一時期、小学生から高校生まで算数・数学・理科・物理を教えたことがあります。
そんな関係で日本の教育には関心を持っていました。そのころの文教族や作家など諮問委員の人たちにはウンザリしていました。その流れが脇坂や前川のような文部次官を産んだのです。

・・・日本の国にたいする揺るぎない愛情と正確な歴史認識のない人たちに子供たちの将来を托すことはできません。自分の子供は自分で教育するという心がけが必要です。・・・日本の国の歴史は、EUやアメリカ、韓国・北朝鮮・支那などと比べて、比較にならない程すばらしい歴史をもつ国です。世界中で こんなに素晴らしい国は他にありません、そんな祖国の文化や歴史を壊し、塗り替えることをゆるしてはなりません。・・・戦後の教育から出てくるのは、イジメ体質の社会です。


◆アメフトの日大の反則行為に対する処置の仕方をみても解かるでしょう。
・・・正常な社会なら、選手が立ち上がっていますよ、日大の選手も 関学の選手も、それが出来ないほど彼らは不正と戦うという勇気をなくしているのです。かわいそうだと思いませんか?・・・日本の社会が この不正と戦う勇気をなくしている、それを映し出してしるのが子供の世界ではないでしょうか。

・・・またまた愚痴ってしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント