2010年度の予算案

昨日の閣議で2010年度の予算案が閣議決定したそうです。
一般会計の総額は92兆2992億円で、
当初予算段階で過去最大の規模だそうです。

この予算案の金額 922992億円の数字で、
来年の予算を周易で占ってみました:

9を8で除したあまりは1ですから乾の卦
2は兌の卦になりますので、
得卦は山風蠱【さんぷうこ】の坤爲地【こんいち】に之く【上爻から乾兌兌乾乾兌】です。

(上爻)乾――  --  --
(五爻)兌--  --  --
(四爻)兌--  --  --
(三爻)乾――  --  --
(二爻)乾――  --  --
(初爻)兌--  --  ――
   山風蠱  坤爲地 地雷復

蠱〔こ〕という字は 「皿の上に三匹の虫がいる」ことを表わす字です。
一つの皿に三匹の虫がいると、同類相食む状態になるのは当然の結果です。
この意味で、蠱の字は「そこなう」とよみ、蠱毒、蠱害などの意味に用います。

また「みだれる」と解して蠱乱の意味もあります。
さらに「まどわす」「ふるい」「やぶる」と推して、蠱惑、蠱敗などという語もあります。

つまり、蠱には「そこなう」「みだれる」「まどわす」「やぶる」の意味があります。

*白川静先生の『字統』には、
 「蠱」 【コ まじない・まどわす・こびる】
 「蠱・媚蠱〔びこ〕・巫蠱〔ふこ〕といわれる呪儀をいう」
 とあり、もとは「まじない」「のろい」を意味する字です。
 
◇易経の序卦傳には:
「喜ビヲ以テ人ニ隨フモノハ必ズ事アリ」
とあります。
これは、平和で安泰な生活に馴れ親しんだ結果なのです。
心を悦ばす快適な生活がながく続いたために
喜びの滓〔かす〕のようなものが徐々に積ってきて
発展努力し向上する気力を失い、
更新されずに淀んだ空気の中で色々な弊害・弊毒が生じたのが蠱弊です。

今のまま放置しておけば腐ってしまいます。
何か清新の氣を注入して繕い訂正していかねばなりません。
それで彖傳には「大川ヲ渉(ワタ)ルニ利(ヨロ)シ」、
爻辞には「父ノ蠱(ヤブレ)ヲ幹(タダ)ス」・「母ノ蠱(ヤブレ)ヲ幹(タダ)ス」
とあり、今までの自民・公明の旧弊を是正していくことを意味しています。

さらに『雑卦傳』には:
「蠱ハ飭〔トトノ〕フルナリ」
とあります。
飭〔チョク〕は「つつしむ」「ととのう」「ただしい」の意味です。
亡き父や母の失敗を繕い正してゆくのは
三爻から五爻にいる震の長男の役目です。

彖辞の
「甲ニ先ンズルコト三日」の「辛」は「新」に通じ「辛苦に耐えて新しく」
「甲ニ後レルコト三日」の「丁」は「訂」に通じ「丁寧に訂正していく」
という意味です。

この蠱敗の状態をただしてゆくのは、そう簡単にできるものではないのです。
それは内外卦を入れ替えた風山漸フウサンゼンの卦の「漸」のように
少しづつ進んでいくしか方法はないようです。

之卦は坤爲地の卦は
予算という「呼び水」が坤の土地に沁みこんでしまうことを意味しているようです。
そして坤爲地の後には、一陽来復の地雷復の卦がやってきます(*^L^*)

◇「蠱」は満塁逆転のチャンスの時です。
 
わが師匠は、この「蠱」の卦は、
9回裏2アウトで満塁逆転のチャンスの卦、瀬戸際のせっぱ詰まった状態の卦だ、
とよく言われました。

三つの虫は一塁、二塁、三塁にいるランナーで、
皿はバックネットとホームベースです。
バッターは三爻から五爻の震です。
ここで逆転ホームランを打って
何とか新しい年に希望を抱けるような気がしてきましたね(*^L^*)

ただし、蠱の状態をただすには、
震【三爻から五爻】の仁の慈しみの気持ちと
兌【二爻から四爻】の義の正しい道を履(ふ)み
行なうことが必要です。

それと予算の効果が出てくるのは
2011年度からではないでしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント