takusankanの周易占いノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝負占:2018ロシアWC 対コロンビア戦・・樽酒・簋弐・用缶ビール

<<   作成日時 : 2018/06/23 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆勝負占:2018ロシアWC 西野Japana初戦 対コロンビア戦・・・樽酒・簋弐・用缶ビール

先日、チャンネル桜の番組のなかで水島社長と浅野久美さんが「対コロンビア戦の予想」をしていました。小生も久しぶりに浅野さんの予想を聴きながら三変筮法で占いました。



坎為水の四爻

得卦は坎為水の四爻でした。

坎の六四の爻辞は
「樽酒・簋弐・用缶 納約自牖 終无咎」
・・樽酒〔そんしゅ〕・簋弐〔きじ〕・缶〔ほとぎ〕を用いる【易爺は“もちゆ”】。約を納むるに牖〔まど=窓〕よりす。ついに咎〔とが〕なし・・・

易爺は、『坎爲水』の卦も坎の四爻に伏する『沢水困』の卦も『四難卦』のひとつで困難・困窮・困苦の卦です。
 ただ、爻辞は、
神様に、タル酒と缶〔ほとぎ=素焼きの土器〕の粗末な器に盛った約祭〔やくさい=禴祭〕のお供え物をして日本チームの勝ちを祈念しながら、缶ビールやタル酒に、丸い竹の器【=簋】ふたつ【弐=貳】に神様にお供えした物をいただきながら応援しなさ・・・そうすれば、もしかしたら、約を納めた窓から一筋の希望の光が見えてくるかも知れません・・・終に咎ナシ^L^・・・という感じでした。

 約祭というのは夏祭りのことです。約は簡約の約で簡素な祭祀のいみです。夏場は農事や養蚕などの仕事が忙しくて盛大なお祀りができないので禴祭〔やくさい〕ですませるのです。

◆以上から易爺はこんなコメントを書きました:

では、小生がひとつ勝負占を・・・坎爲水の四爻でした、爻辞「樽酒 簋貳〔きじ〕 用缶 納約自牖 終无咎」・・・樽酒を飲みながら神様に勝ちを祈り観戦しなさい・・・「打開の道が漸く見えてくるときですが、困の卦の伏しているので苦しい試合に・・・」ということです。・・・簡単なツマミと樽酒、缶ビール、などを神様にお供えして祈りなさい。・・・やがて牖〔まど〕から一筋の光が射し込んで来ますよ、という感じです^L^・・・【易爺】


◆この占いの前の易爺のコメントは:

世界の予想をヒックリ反すのがサムライ日本です!!!ナンテ秘かに応援しています^L^

  ×  ×  ×

 こんな感じで小生も対コロンビア戦は若しかしたら勝のではないか、と期待をしていました。
 若し この試合で負けてでも、次の対セネガル戦では勝つと考えていました^L^

 結果は、開始早々コロンビアの選手のハンドでレッド・カード一発退場で数的優位にたつも前半は1:1、後半に日本が1点とり1:2で日本の勝ちでした。

 結果は、得卦の陽爻ひとつを得点とすればよく解かります:

☵一点☱二点 日本
☵一点☵一点 コロンビア
本卦→伏卦

なぜ、上卦を日本チームと見たか・・・占的は「日本チームの勝敗」であるので、得爻の六四を含む上卦が日本の卦となります。


◆ちょうど四年前の2014年ブラジルWCの予選リーグの最終戦の対コロンビア戦の易爺のブログには、つぎのように書いています:

勝負占:2014WCザックJapanの勝敗?
20140625
https://blogs.yahoo.co.jp/akasakahiro/69503068.html


・6月25日 対コロンビア戦について、



水火既済の三爻。
日本チームは健闘したのですが結果は、1:4で負けでした。

 既済の三爻「高宗鬼方を伐【う】つ。三年にして之に克【か・勝】つ」という爻辞のなかの「三年克之」に微かな期待をして応援したのですが、ダメでした。どうも、アンタッチャブル・さわってはならない鬼方を討つのは難しいようです。ここでも艮☶の鬼門が出ているようです【易爺:三爻が艮の位∵内卦☶の主爻で位当る】。鬼方はさわりたくないところですが、終始の場・生命が死して また生まれるという再生・復活をも意味します。既済の互卦には未済の新しい出発があり、また新たに四年後のWCに向けてスタートをきるという意味でしょうか。


 象伝には「三年にして之に克つは憊【つかれ】るなり」とあります。


・・・・選手・監督・コーチ・サポーターの皆さん、お疲れ様でした。
 休養を十分とって疲れを癒し英気をやしなって、「三年之にして之に克つ」で、次はコロンビアに勝つべく「心の備え」をして再出発してください。

    ×  ×  ×

 どうです、おもしろいでしょう^L^

 今回の坎の四爻の「簋弐」にも「艮」が隠れています。
 「簋弐」の「簋」は「竹+艮+皿」で構成されています。「竹+皿」で竹で作られた器です。真ん中の「艮」は「【皀殳】」の省略して簡単に書いた字=省略形です。では【皀殳】は「皀+殳」から成り、左の「皀」は食べ物を器に盛った形・この場合は神様へのお供え物を器に盛っている形です。右の「殳」の上の部分は柄杓=長い柄のついて匕〔さじ〕または杓です。それを「又=手」で持っている形です。・・・つまり簋というのは神様にお供え物を盛る器です。円形の竹製の盛食の器を「簋〔き〕」、方形〔四角形〕の竹製の盛食の器を「簠〔ほ〕」といいます。「簋〔き〕」は肉食用であり、「簠〔ほ〕」は黍稷〔かしょく〕用=米や麦・黍・粟などを盛る器です。

 ついでに簋弐の「弐」は一二三=壱・貳〔弐〕・参の二です。
 貳〔弐〕には「ふたつ」「そえる」「ちがう・うたがう」の意味があります。
 貳〔弐〕の甲骨文字をみますと「貳」の「二」がない字つまり「貝+戈」から構成されています。これは二枚貝を戈をもってふたつに分割する・割るという意味から「ふたつ」になったようです。正嫡に対する副次〔副貳〕の意味があり、貳心〔二心〕=ふたごころ→そむく・違背という意味になります。疑心になったのでしょう。この疑心は、『繋辞下伝』に「それ易は・・・貳に因りて民の行いを済〔すく〕い、もって失得の報を明らかにす」の貳です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
勝負占:2018ロシアWC 対コロンビア戦・・樽酒・&#31755;弐・用缶ビール takusankanの周易占いノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる